2009年11月11日

充実の二日間 - 国文祭 -

11月7日と8日、伊豆の国市で開催された国民文化祭「合唱の祭典」に参加してきました。

ここで、コンパクトには書ききれないほどいろんなことがあって充実した二日間でした。あんまりトピックがたくさんあるので、項目だけ箇条書きにしちゃいます。

時計7日は早朝6:30の出発。一部遠隔地団員は、前泊、途中合流、現地へ直接など、とにかく無事に集結。
ふらふら直前にぎっくり腰や、家族のインフルエンザなどで5名が不参加。
手(パー)某ブログで、聴きに行きたいけどチケットが手に入らないと書き込んでいたSさんは、結局交流会もホテルも一緒に参加。
るんるん交流会では「みかんの花咲く丘」を耕先生、山崎先生、古川先生をはじめ主賓席の目の前で熱唱。
あせあせ(飛び散る汗)そこで奮唱(?)したS介君は、○井全日本合唱連盟理事長(伏字にする意味なし?)から直筆の「ありがとう」入り名刺をいただきました。
キスマーク山崎(佳代子)先生には、ヴォア・ヴェールの席に来ていただいたり、解散式のあとにはバスの前で一緒に写真をとっていただいたり。ありがとうございました。
いい気分(温泉)宿泊したのは大ホテルの別館で、温泉へはシャトルバスで行くことに。新人(?)のIさんは、朝5:30から7:00の朝食までずっとサウナにいたらしい。
ビール帰りのバスでは、受験のため休団するK君へのエール、東京へ転勤してしまうOさんのお話、誕生日のSさんのお祝いでまたまた盛り上がり。
バスなんといっても、過去2回の練習も含めて毎度お世話になった○鉄バスの運転手Sさんには、多くのわがままも聞いていただきお世話になりっぱなし。

・・・まだまだいっぱいありますが、これだけのイベントを支えてくださった、伊豆の国市の皆さん、合唱連盟のみなさん、お世話になった方々、ありがとうございました。

肝心の演奏については、また別記事にします。
posted by 〆張 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スパム投稿が多いため、お問い合わせフォームは停止中です。

お問い合わせは下記メールアドレス(代表岡雅章)へ直接お願いします。

okamアットマークorchid.plala.or.jp