2006年09月29日

見学者二人

今日の練習に見学者が二人もみえました。
一人は、「浜松にきたらヴォアヴェールに入りたいと思っていた」と、涙が出るくらい嬉しい自己紹介をされたソプラノのKさん。最近増殖中のS大卒業生です。早速入団宣言したいただきました。
もう一人は、近江の国から遠江の国へ転勤(実はUターン?)されてきたSさん。待望のテナーその2です。「おうみ」では、あの少人数の団体で歌われていたとのこと。いろんな縁で何人かの団員とつながっていたりして、合唱の世界での出会いの大切さをしみじみ感じました。
おかげて、今日の練習は声量のある女声2名を明日の演奏会の練習で欠いていたにもかかわらず、なかなか盛り上がりました。(本当は、来週に迫った合唱祭ステージの曲の仕上がりはなかなか厳しいのですが。)

新しい仲間が増えることは本当に嬉しいですね。
posted by 〆張 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24634900

この記事へのトラックバック

スパム投稿が多いため、お問い合わせフォームは停止中です。

お問い合わせは下記メールアドレス(代表岡雅章)へ直接お願いします。

okamアットマークorchid.plala.or.jp