2013年06月23日

ゆずり葉の木の下で

7月28日の豊中少年少女合唱団&浜松ライオネット児童合唱団ジョイントコンサートで演奏する『ゆずり葉の木の下で』について。

「子どもと大人が一緒に歌う」という活動を続けて来られた豊中少年少女合唱団と豊中混声合唱団が、信長さんに委嘱しててきたのがこの作品です。楽譜のタイトルも組曲ではなく合唱曲集となっていて、複数の詩人のテキストに曲がつけられています。

今回演奏するのはこのうちの4曲。小舞まりさんの詩につけられた「あおいあおい」で始まり、続く2曲「川」「モン・パパ」は谷川俊太郎さんの詩で歌われます(「川」は女声合唱)。最後は河井酔茗さんの有名な詩「ゆずり葉」をもとに構成された「『ゆずり葉』に寄せるバラード」で全体を包み込みます。

(これから大人になる)子どもと、(昔は子どもだった)大人とが、同じものを見つめながら一つの音楽を歌い上げていく練習はとても楽しく、また歌えば歌うほど奥深いものを感じます。

7月28日はぜひアクトシティ浜松中ホールへ足をお運びください。

パナムジカさんの楽譜紹介ページはこちら
http://www.panamusica.co.jp/ja/product/14354/
posted by 〆張 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ステージのご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スパム投稿が多いため、お問い合わせフォームは停止中です。

お問い合わせは下記メールアドレス(代表岡雅章)へ直接お願いします。

okamアットマークorchid.plala.or.jp