2006年12月11日

第46回静岡県芸術祭 今年は入選

芸術祭出演してきました。
去年は準奨励賞をいただきましたが、今年は入選でした。
ちょっと分かりにくい表彰システムとなっていますが、以下に結果を記しておきます。

芸術祭賞   ムジカチェレステ
静岡朝日TV賞 浜松北高等学校合唱部
奨励賞    島田第二中学校合唱部、アンサンブルとこは
準奨励賞   富士宮市民合唱団
入選     静岡市立大里中学校、清水合唱団、
       藤枝フラウエンコール、女声合唱「花えみ」、
       ヴォアヴェール

実はムジカチェレステの10人中5人はヴォアヴェールのメンバーだったり、さらには北高にも強力な(?)関係者が二人いたりします。

曲目
マンティヤルヴィ 作曲 「四つのシェイクスピアの歌」より
Come Away, Death
Double, Double Toil and Trouble

今回は特に審査員の先生方の講評に書かれていた指摘が核心を突いていたように思います。もっと音楽を自分達のものにして、体で表現しないといけないですね。

打ち上げは、テナーの大型(?)新人S君の歓迎会を兼ねて、島田駅前の「はなの舞」。お店にあったボトルワインを全部飲み干しました(わけあり)。
posted by 〆張 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

歌ってきました 訪問演奏

すがすがしい(ちょっと風は強かったけど)秋晴れの中、支援センターでの訪問演奏が無事終了しました。

結成以来はじめての訪問演奏で、みんな勝手が分からず少々緊張の面持ちで現地に集合。カーナビのない車はほぼ全車道に迷うというアクシデントはありましたが、午後一時からの約30分のステージ、楽しく歌うことができました。

Img_0086.jpg

所長さんはじめ施設の方々の暖かいサポートもあり、手拍子あり、笑いあり、涙ありで、普段のステージでは経験できない貴重な体験ができたと思います。

今回のプログラム

信長貴富 混声合唱版ノスタルジアより
「村の鍛冶屋」
「赤とんぼ」
マンチュヤルヴィ 四つのシェイクスピアの歌より
「Double, Double Toil and Trouble」
角松敏生 「Smile」 (久 隆信 編曲)
「世界に一つだけの花・花・花」 (松前 良昌 編曲)

以上5曲でした。

posted by 〆張 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

浜松市民合唱祭2006終了

市民合唱祭無事終わりました。
この合唱祭は例年、いくつかのブロックに出演時間帯で分けて、各ブロックの出演者はブロックの最初から客席に入り、ステージには袖からではなく客席から直接ステージへ上がり、終わったらそのまま客席へ戻るという進行になっています。
最低でもそのブロックの出演者には聴いていただけるという、工夫されたシステムですね。
演奏は大きな事故もなく、練習の成果がそれなりに出せたと思います。
何よりイギリスに長く合唱留学されていたあの審査員の先生から「シェイクスピアの英語の発音が悪くなかった」という講評をいただけたのはとても嬉しかったです。

終了後、先日入団してくれたKさんの歓迎会も兼ねて、浜松駅前天狗にて打ち上げ。牡蠣のSOLD OUTは残念だったけど、おいしいビールが飲めました。そうそう、さりげなく打ち上げに溶け込んでいた豊川のKちゃんもそろそろ遠距離団員はじめませんか?
posted by 〆張 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

講習会終了

9月10日の浜松市合唱連盟主催の合唱講習会が終了しました。
今年は橋本静一先生の発生講座で、第一部と第三部は個人参加、ヴォアヴェールとしては第二部のモデル合唱団としてレッスンを受けました。練習開始時間にメンバーが揃わず、まとまった発声練習などができない一般合唱団が抱える悩みとして、短時間でベストなコンディションにもっていく方法について指導していただきました。
なかなかハードでしたが、役に立つヒントがたくさん得られたと思います。

結局、用意した「一ばんぼし」は、冒頭で一回歌っただけでしたけど。

終了後、近くの坐和民にて打ち上げ。

Brrrrrr
第一部に参加した人にしか分からないネタらしい↑↑↑
posted by 〆張 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

今練習している曲たち 2006年8月

このブログを立ち上げたころにも今練習している曲たちを紹介ました。

それから約半年経ったので、改めて今主に練習している曲を紹介しておきます。

柴田南雄「春立つと」
マンチュヤルヴィ「シェイクスピアの4つの歌」より
椎名林檎「手紙」(長谷部雅彦編曲)

「春立つと」は篠笛と混声合唱のための小品です。

ここ浜松周辺は祭りがとてもさかんなところで、地元出身の男子は誰でも笛が吹ける(?)らしいです。ところが、わがヴォアヴェールの男声で地元出身者はたったの一人!

ちなみに、その唯一の浜松人(旧浜北人)は、やっぱり子供のころに祭りで篠笛吹いていたそうです。
posted by 〆張 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

第51回静岡県民合唱祭終了

2006年6月18日(日)
アクトシティ中ホール

曲目
MANTYJARVI 作曲 「四つのシェイクスピアの歌」より「ララバイ」
長谷部雅彦 作曲 混声合唱組曲「E=mc2」 より 「E=mc2 PartU」

無事終了しました。
ホールの響きのおかげで、気持ちよく歌うことができました。
E=mc2もおそらくステージとしては世界初演だったのではないでしょうか。

ヴォアヴェールはハーモニー購読者が多く、今回はできるだけハーモニーを持って歌おうということだったのですが、お客さんは気づいてもらえたでしょうか・・・。

打ち上げは浜松駅近くのつぼ八で、クロアチア戦に間に合うように、それでも2時間半、最近入団してくれた3人の歓迎会も兼ねて行いました。
posted by 〆張 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

第2回演奏会

過去の演奏会の記録第2弾です。


ヴォア・ヴェール第2回演奏会
日時 2004年4月11日(日) 2:30p.m.開演
場所 浜松福祉交流センター
第1ステージ

「5つのパートソング」 より

G ホルスト 作曲


  1. Dream tryst

  2. Ye little birds

  3. Now is the month of Maying

  4. Come to me


指揮 長谷部 雅彦

第2ステージ

「ラテン語による3つのモテット 1982」

N ラ・クール 作曲


  1. Hodie Christus natus est

  2. Ave Maria

  3. Laudate Dominum


指揮 岡 雅章

第3ステージ

混声合唱のための おらしょ カクレキリシタンの3つの歌

千原 英喜 作曲


  1. 第I楽章

  2. 第II楽章

  3. 第III楽章


指揮 岡 雅章

第4ステージ

詩集「食卓一期一会」より

長田 弘 詩 / 長谷部 雅彦 作曲


  1. 絶望のスパゲッティ

  2. ブドー酒の日々

  3. ユッケジャンの食べ方


指揮 長谷部 雅彦



2回目の演奏会は4ステージ構成。
アンコールは松下耕「いちばんぼし」とかまやつひろし「やつらの足音のバラード」(長谷部雅彦編曲)でした。そう、TVアニメ「はじめ人間ギャートルズ」の主題歌です。
posted by 〆張 at 03:33| Comment(1) | TrackBack(1) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

第1回演奏会

過去の演奏会の記録として、当時のプログラムを紹介しておきます。


ヴォア・ヴェール第1回演奏会
日時 2002年11月10日(日) 2:30p.m.開演
場所 浜松福祉文化会館
第1ステージ

合唱のための「12のインヴェンション」日本民謡による より

間宮 芳生 作曲


  1. おぼこ祝い唄 (青森県民謡)

  2. 米搗きまだら (長崎県民謡)

  3. 天満の市は (大阪地方民謡)

  4. 獅子舞 (山梨県民謡)


指揮 岡 雅章

第2ステージ

ハンガリー合唱曲集


  1. ESTI DAL (コダーイ・ゾルターン)

  2. TUROT ESZIK A CIGANY (コダーイ・ゾルターン)

  3. AVE VERUM (オルバーン・ジョルジュ)

  4. MUNDI RENOVATIO (オルバーン・ジョルジュ)

  5. PATEKOEKNAL (バールドシュ・ラヨシュ)


指揮 岡 雅章

第3ステージ

アステカのうた

野中 雅代 訳詞 / 長谷部 雅彦 作曲


  1. 春の歌

  2. バイオリンはこうして生まれた

  3. 母さん

  4. 陽気な風

  5. あなたは実在されるのですか

  6. 五月の花の歌


指揮 長谷部 雅彦



合併後初めての演奏会は、歌うことの原点を見つめる作品が結果的に並んだと思います。
アンコールは武満徹「島へ」と島谷ひとみ「亜麻色の髪の乙女」(長谷部雅彦編曲)でした。
長谷部作品「アステカの歌」はもちろん本邦初演、キックオフから出版されているので興味のある方はどうぞ。その後、名古屋のコール・クリアスカイさんの演奏でCDも発売されました。
posted by 〆張 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

今練習している歌たち

これまでの活動の歴史は、そのうちこのブログの使い方を十分マスターしてからじっくりまとめようと思います。
ので、今練習している曲を紹介しておきましょう。

松下耕「混声合唱のためのア・カペラエチュード2」より
武満徹「混声合唱のためのうたII」より
マンチュヤルヴィ「シェイクスピアの4つの歌」より
椎名林檎「夢のあと」(長谷部雅彦編曲)

などです。
posted by 〆張 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテスト参加

1月22日、島田総合施設プラザおおるりで開催された第16回静岡県ヴォーカルアンサンブルコンテストに参加しました。

vvensemble2006.jpg

テナーが一人の上、インフルエンザで脱落者が続出してドタバタしましたが、結果は銀賞(一般の部二位)の成績でした。

演奏曲目

  • 数珠かけ鳩 (北原白秋作詞 多田武彦作曲)

  • SING AND REJOICE (K. Nystedt作曲)



団員によるレポートはこちら

posted by 〆張 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

第45回静岡県芸術祭表彰式

静岡県では毎年、美術、文学、音楽舞台芸術、生活文化の部門について芸術祭というイベントが開催されています。(他の都道府県にもあるのでしょうか?)
合唱もその中に含まれていて、昨年(2005年)12月11日に静岡音楽館AOIで芸術祭合唱コンクールとして開催されました。
ヴォアヴェールは、当日指揮者が急用で欠席というアクシデントがありましたが、準奨励賞という賞をいただくことができました。

そして、その芸術祭の表彰式というのが先日(2月10日)、県庁で行われました。この日は平日だったため、アンサンブル部門で受賞したムジカチェレステとも重複する団員に出席してもらいました。写真は、そのときにいただいた盾です。

shield.JPG

芸術祭当日の参加レポート

表彰式の様子

2曲目に演奏した「世界で一つだけの花・花・花・・・」は、広島の合唱団あるの指揮者でもある松前君の編曲です。ちょっとサプライズあり、楽器ありでとても楽しく演奏できました。
静岡AOIホールは、小規模のとても音響のいい素敵なホールです。ここで歌うとなんだか上手になったような気がするから、また歌いたいですね。

2月22日追記
静岡県のホームページに芸術祭合唱コンクールの審査結果ページに写真入で掲載されていました。
posted by 〆張 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパム投稿が多いため、お問い合わせフォームは停止中です。

お問い合わせは下記メールアドレス(代表岡雅章)へ直接お願いします。

okamアットマークorchid.plala.or.jp